聞いて欲しくなったタイミング

|

ゆっくり話せる場所で

聞くセッション

コーチングや問題解決が目的でなくやアドバイス、リーディングもジャッジも一切なく、ただ聞くセッション

聞くセッション

日時・場所

聞いて欲しくなったタイミング

ゆっくり話せる場所で

イベントについて

コーチングや問題解決が目的でなくやアドバイス、リーディングも一切なく、ただ聞くセッション

どうしても聞いてほしい話があるわけでなく、何を話していいかもわからない。

それで大丈夫。

セッションというよりは、心に留めていた言葉を聞いてもらう時間。

実はただ聞いてもらうという体験をした人は少ないのでは。

人はついつい他の人の話を聞きながら、頭の中ではアドバイスや自分の考えをしていたりする。

共感しつつ、でも人の話に自分を投影していたりもするから。

話す人は自分の話が受け入れられるかって不安かもしれない。

でも何を言っても、大丈夫と信頼してもらうしかない。

(もちろんセッション中のお話はすべてここだけの話)

そして話をはじめたら、あなたの話を私はただ聞いてる。

言葉を挟むことも、「こういうことだよね」って確認をすることもなく。

言葉に詰まっても、次の言葉が出てくるまで、言葉を繋ぐことはせずに私はただ待っている。

あなた自身が話すまで。

こじ開けようともしない。無理もしない。促すこともしない。

不思議なもので、人にわかってほしい気持ちとわかられたくない気持ちがある。

体験や出来事を聞いてほしいんだけど、その自分の気持ちは自分だけのもの。

だから話を聞いてもらって、ほっとする嬉しい気持ちや安堵感。

その反面、「その気持ちわかる」って同意や共感されると、反発して「いや本当のところはわかるわけないでしょ」って感じちゃう部分もある。

そうだから、あなたの体験や出来事を聴きながら、「私はあなたでないから本当の気持ちはわからない」という感じ。

そして聞いてると気づく、あなたの口癖。

それって「無意識の自分。」「自覚している自分」は知っていても、「無意識の自分」って気づけない。

でも「無意識の自分は自分の中に存在している自分。」

無意識に話がズレそうになっていた時にだけ、一言いうかもしれません。

その口癖をリピートしてあなたに伝える。

無意識に自分に気づくチャンスであり、それも本当のあなただから。

裸で温泉に入ってると、深い部分をなんか話したくなる。

いつもはみせれないけど、なんか自動的に心の自己防衛するスイッチがオフになる感じ。

そんな感覚のセッション。(実際の入浴しながらのセッションではないです)

☆セッションにおすすめな方

・自分が体験している中で、自分だけでは整理がつかない人。

・自分の中に深くダイブしたい人。

・身近な人だからこそ話せないけど、話たいことがある人。

・無意識の自分の存在が何を感じて、どんな想いであるかを知りたい人。

・ただ話を聞いてもらいたい人。

☆セッション

・方法

ズームによるオンライン。

奄美在住の方、もしくは東京に滞在している間の散策セッションは可能です。

・代金 90分 15000円

キャンセルポリシー

2日前から100%となります。

チケット設定

価格

数量

合計

  • 聞くセッション

    ¥15,800

    ペイパル手数料として800円別途加算しています。

    ¥15,800

    0

    ¥0

合計

¥0

このイベントをシェア